一般社団法人 全優石 全国優良石材店

小向石材工業

施工例紹介

M家様墓所 デザイン墓石「イフィー」

2019年7月

仕様
名称デザイン墓石「イフィー」
建立地青森県八戸市
敷地サイズ1.88m×1.94m
石塔石種オーロラ(インド産)
外柵石種オーロラ(インド産)+新木北(中国産)
  • 正面から

    石塔には浄土宗の本尊「阿弥陀如来」を表す“キリーク”を彫刻し、その下に蓮華の花を彫刻しています。故人が阿弥陀如来によって導き守られていることでしょう。

    彫刻の文字は金色を入れることにより上品な石塔に仕上がっています。

  • 斜めから

  • 墓誌

  • お施主様による展示品を基にした外柵のデザイン

    M様自身で外柵のスケッチをしたイラストを基に設計しました。

    間口が広いので片側をベンチにして、使いやすさを追求しました。

T家様墓所 デザイン墓石「リュミエール4」

2019年7月

仕様
名称デザイン墓石「リュミエールⅣ」
敷地サイズ1.88m×1.94m
石塔石種RYO(インド産)
外柵石種RYO(インド産)
  • 正面から

    桜の彫刻と「想」の文字が特徴のお墓です。

  • 原寸大の紙面を作成し、お施主様にご確認をいただきます

    文字と桜のレリーフの位置を検討しています

立体彫刻のご紹介

2018年4月

仕様
名称立体彫刻
  • 「夢」を囲む花柄模様が「立体彫刻」と呼ばれる加工方法で彫刻されたものです。サンドブラストより立体的に見えることでご好評を頂いています。

サンドブラスト彫刻のご紹介

2018年4月

仕様
名称サンドブラスト
  • 『サンドブラスト』

    現在、お墓の文字や絵柄の彫刻で最も広く採用されている彫り方です。文字や絵柄を抜いたゴムシートを石に貼り、削りたい部分に細かな鉄砂を石に吹きかけていきます。彫刻した跡に色を入れると見やすくなります。

象嵌のご案内

2018年4月

仕様
名称象嵌のご案内
  • 絵柄に合わせて削った石をくぼみにはめ込んでいき、石の色の違いを生かして絵柄にしていく象嵌加工。塗料などによる色入れは経年劣化があり、定期的なメンテンスが必要ですが、こちらはきれいに拭くだけで長持ちします。

メニュー メニュー TOP